産業事情説明会

石川県下の高校の就職指導担当教諭と、金沢雇用推進協議会の会員企業などの採用担当者による情報交換会です。

石川県地場産業振興センターを会場に、当日は3つの分科会に分かれて各学校の進路希望状況や各企業の事業内容・採用予定についての情報交換を行い、高校生の求人・採用活動を行っていくうえで大切な、お互いの信頼関係を深めています。 


産業事情説明会の流れ

受付

学校受付、企業受付で受付を済ませたのち、最初の分科会の部屋に入室します。学校や企業の紹介資料をお持ちになった場合は資料コーナーに設置して、参加者に自由に持ち帰ってもらうようにします。

分科会

当日は3会場に分かれて、参加した学校・企業がそれぞれの持ち時間内で説明を行います。終了後は2回目の分科会の会場に移動します。この分科会は企業側の参加者が各会場を移動することで、合計3回の学校紹介・企業紹介を実施します。

名刺交換

各会場での余裕時間や分科会の間の休憩時間には、参加者が自由に名刺交換を行って、お互いに情報を交換しています。ここでの顔合わせが、7月から始まる高校生への求人活動の第一歩となります。


金沢雇用推進協議会では、ハローワーク金沢および白山と共催で毎年『産業事情説明会』を開催しています。ただ会場や日程の関係で当日ご参加いただく企業数には限りがあります。

そこで当協議会では、当日ご参加になれない学校様や会員企業も含めて、幅広く情報交換をしていただくためにハローワークに協力して特設WEBサイトを制作しており、高卒新規求人の求人票公開に合わせて公開しています。 



過年度の実施記録

過年度に実施した「学校と企業との情報交換」の事業については、このボタンをクリックしてご覧ください。